About

Philosophy

Design Every Moment | 瞬間ときをデザインする

私たちがデザインする“瞬間”は、3つの軸から定義できます。

クリエイティブ
私たちのクリエイティブは周辺環境に刺激されます。
クリエイティブに働くことは、人のスキルや特性ではなく環境から実現できます。
優れた人材は、優れたワークプレイスから。
TRENCHは働く人のクリエイティブを引き出すワークプレイスをつくります。
コミュニケーション
ワークプレイスとは、組織が互いの考えを交わす場所です。
相談のしやすさ、アイデアの出しやすさ、雑談の生まれやすさ。
そのすべては、スタッフの努力だけでなく空間設計からサポートできます。
自然なコミュニケーションが生まれるワークプレイス。
私たちの技術と科学は、その答えを導き出しました。
アイデンティティ
『ここ』で働いている。
その感覚こそ、ビジネスパーソンのアイデンティティになるものです。
理念や仲間、業務内容……あらゆる要因が『ここ』の意味を強めます。
もっとも具体的な『ここ』を共有できるのは、ワークプレイスです。
ワークプレイスは、企業と働く人々のアイデンティティそのもの。
私たちは、ワークプレイスを通じてアイデンティティをつくるプロフェッショナルです。

ワークプレイスが変われば、企業が変わります。
その変化はやがてエンゲージメントの向上によって可視化されるでしょう。
TRENCHは働く空間と時間のデザインから文化を醸成し、イノベーションをもたらします。


Vision

新たな価値を創造し、
希望と期待に満ちた社会をつくる

テクノロジーを活用した価値あるサービスを提供し、企業や組織に創造性と生産性の向上をもたらすことで希望が持てる社会にする


Message

TRENCHは「新たな価値を創造し、希望と期待に満ちた社会をつくる」ことを理念に掲げ、2020年から歩み始めました。
  イノベーティブになりたいと願いながらも叶わない企業やビジネスパーソンと向き合う中で、私たちは彼らに共通する課題を見出しました。それは公私を切り離すことで仕事を楽しめない考え方や、コミュニケーションのゆとりを失った文化です。
 
慣習、文化、考え方、環境。形がなく浸透してしまったものを、どう変えていけばいいのか。試行錯誤を経て私たちがたどりついたのは、人ではなく、働く空間からイノベーティブへアプローチすることでした。ビジネスパーソンの意識改革にコミットする手段として、ワークプレイスの創造性を科学し始めたのです。
 
「ビジョンを叶えるオフィス空間」をデータドリブンにデザインする。そのコンセプトのもと、私たちは大小や職種を問わずあらゆる企業と空間に挑んできました。そして働くひとが空間からクリエイティブに目覚め、いきいきと挑戦に向かう姿を見てきました。
 
人は変われる。だから企業は変われる。その先で、きっと社会が変わる。私たちはイノベーションを軸に得てきた視座から、そのサポートをしたいと願っています。
 
昨今、コロナ禍でワークプレイスの定義は激変しています。リモートワーク化が進む今だからこそ、“集えるワークプレイス”の存在は、組織を支える柱のひとつとなるでしょう。
 
文化をはぐくむ場所としてワークプレイスを再定義する。今こそ、その時ではないでしょうか。


Outline

会社名
TRENCH株式会社 / TRENCH Inc.
所在地
東京都千代田区丸の内2-3-2 郵船ビルディング2F
設立
2020年7月1日
資本金
9,000,000円
代表取締役
嶋林 杏子
事業内容
  • ワークプレイス事業(テクノロジーを活用した空間の企画・デザイン・設計)
  • コミュニティマネジメント事業(コミュニティデザイン・ファシリティマネジメント・PR &プロモーション)
従業員数
98名(2021年1月現在)